躁鬱病を改善する方法~精神疾患の説明書~

heart

よくならないうつ病

先生

躁鬱病は決して珍しい病気ではありません。軽い症状のケースだと見落としやすく、診断も難しい病気です。しかし正しく治療すれば安定した社会生活をおくることができます。まずは病気であることを自覚し、早めに専門医を受診しましょう。

詳しくはコチラ

特徴と注意点

鬱

躁鬱状態というのは気分がとても高揚している状態と、とても落ち込んでいる状態を繰り返すことで、心の振れ幅が大きいため、自殺願望がとても高くなってしまう恐ろしい精神状態です。自分でいち早く気づき、悪化させないことがとても大切です。

詳しくはコチラ

双極性障害という病気

鬱

気分が沈んで何もやる気が起きなくなるうつの症状と、エネルギッシュに動き回りますが、一つのことに集中出来ずに暴走状態になってしまう躁の症状。この二つを慢性的に繰り返すのが躁鬱病ですが、発症の詳しい原因などはまだ分かっていないのが現状です。しかし精神的なストレスなどによって大きく左右される病気でもあり、決して珍しい病気というわけでもありません。そのためにもし症状が疑われるようならば、医療機関を受診して医師からの正しい判断を仰ぐようにしましょう。そして病気であることをちゃんと自覚することが、予防や治療へとつながります。ただし躁鬱病という病名に驚き、それを受け入れがたいと感じるケースもあるようです。しかしそこで病気を受け入れなければ適切な治療は施せませんし、そのまま放置していれば躁鬱病によって人生が台無しになってしまう可能性もあります。そこでしっかり病気と向き合い、患者が自分で自分の人生を守るように治療に立ち向かう必要があります。それと同時に、家族などの周囲の理解やサポートも大切です。そんな躁鬱病ですが、医療機関のおもな治療方法としては薬物療法と心理療法があり、こういった治療によって症状をコントロールすることが可能となります。

躁鬱病であることが自覚できたら、その病気を克服するためには、やはり薬物療法がポピュラーな治療方法だと言えます。もっとも躁鬱病はうつ病と異なり、一旦症状が出なくなったとしても再発の可能性が高いため、長期での再発予防が必要となります。そのために症状が出なくなったとしても、薬を飲み続けるようにしましょう。そして定期的に外来受診しつつ薬を利用して上手に症状をコントロールするといった治療方法が軌道に乗ったならば、日常生活に支障をきたさずに今まで通りのライフスタイルを貫くことも可能になります。よって再発予防には、自主的に治療に専念するようにして、薬を飲み続けるようにしましょう。また薬によっては副作用などがあり、飲み続けるのがつらくなるパターンも見られます。しかし躁鬱病の薬は限られており、日本ではおもにリチウムやバルプロ酸、カルバマゼピンなどを使用することが多いですが、とくにメインとして使われることの多いリチウム系の薬は副作用が出やすい傾向があります。そのためにあくまで副作用があることを前提に考え、副作用を最小限にとどめたり、できるだけ薬の服用を減らすといった相談を医師としたうえで、治療法を考えていくようにしましょう。

気分の浮き沈み

元気になる

気分の浮き沈みが激しい、定期的に気持ちが不安定になる、こうした症状がある場合には躁鬱病の可能性もあるので一度、専門の医療機関を受診していくことをお勧めします。早めに対処することによって症状の悪化を食い止めることができますし、周りのサポートの負担を軽減していくことが出来ます。

詳しくはコチラ

ストレスによる気分障害

元気になる

躁鬱病はうつ病患者の中に紛れ込み、発見が遅れるケースがあるので注意が必要です。周りの人間はその症状の変化を敏感に感じ取り、判断していく必要がありますし、ケースによっては医療機関のサポートを徹底していくことが大切になってくるのです。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 躁鬱病を改善する方法~精神疾患の説明書~ All Rights Reserved.