躁鬱病を改善する方法~精神疾患の説明書~

先生

ストレスによる気分障害

ストレスからくる症状とは

元気になる

仕事や家庭でのストレスが積み重なり、それが発散できずにいると次第に体にも何かしらの症状が出てくるようになります。気分的な症状を上げるとすれば、やる気や興味関心の低下、さらには罪悪感や無気力感などが挙げられます。これが身体的な症状、睡眠障害や食欲の低下、運動機能の低下などと一緒に現れると日常生活にも支障を来すことがあるため注意が必要です。こうした症状は特にうつ病の診断にも用いられる項目ですが、中にはうつ病以外の病状が隠れている可能性もあります。例えば、躁鬱病のように躁状態と鬱状態を繰り返す特徴のある病です。この躁鬱病の場合、鬱状態ばかりに気がとられていると発見が遅れる可能性もあり、処方薬やその治療方針によっては症状を悪化させてしまうケースもあるのです。もちろん、正確な診断がなされた場合であればその症状の進行は十分に止められますし、薬物療法や心理的アプローチ、家族のサポート等により社会復帰も十分に可能です。躁鬱病は身体的、さらには精神的ストレスがその引き金となっていると言われており、症状が軽度の場合は自分ではその症状に気が付きにくいという特徴があります。周りの人間がどれだけその症状に気が付けるか、さらにどれだけ早く治療に取り組めるかが重要なポイントとなってくるのです。

周りのサポート

躁鬱病で注意しておきたいのは躁状態の時です。もちろん、鬱状態の時期でもその自己評価の低さや自殺願望の有無によって特別な配慮は必要になりますが、躁状態の時期の方が周りの人間が受ける影響が大きくなるのです。過度なまでの意欲、社交性の向上など、人によってはこれが発端となり、家族側が先に参ってしまうこともあるのです。決して本人のせいではなく、病が発端となっていることなので悪くは言えないのですが、時には妄想、幻覚によって周りに危害を加えることも考えられるのです。こうした状態に陥った場合には、出来るだけ早く医療機関の助けを借りるのがオススメです。家族自体の精神的安定を図るためにも、処方薬によってこうした症状を抑えていくのです。薬を飲むことに抵抗を感じる人も中にはいるかもしれませんが、こればかりは致し方ありません。家族が不安を感じるのであれば入院という手段もありますし、その都度医療スタッフに相談していくと良いでしょう。こうした周りのサポートで重要になっていくのは、決して一人でその負担を抱え込まないことです。人一人を支えるには複数のサポートが必要です。その都度医療機関、さらには公的機関を活用して助けを借りることが大切になってくるのです。

Copyright©2015 躁鬱病を改善する方法~精神疾患の説明書~ All Rights Reserved.