躁鬱病を改善する方法~精神疾患の説明書~

先生

気分の浮き沈み

精神的な病の可能性

元気になる

気分の浮き沈みが激しい、もしくは精神的な問題で仕事やプライベートにも支障を来すことがある、こうした症状がある場合には躁鬱病の可能性が考えられます。躁鬱病とはその名の通り、気分が躁状態になる時期と鬱状態になる時期を繰り返すものです。病の初期段階であれば、この躁鬱の時期間隔が非常に長く、本人もなかなか症状には気が付きません。こうした精神的な病の専門家である医師でさえ、その診断には慎重になるほど、この病気、症状の見極めは難しいとされているのです。では、一体どういったきっかけでこの病は発覚していくのでしょうか。よくあるのは、最初のうちはうつ病だと診断されていたのに、躁状態に入ることで症状が変化し、本来の病名が発覚していくというケースです。この場合、うつ病とはまた違う治療方針を立てる必要があるので、治療内容や処方薬にも多少変化が出てくることになります。躁鬱病について、躁状態の時はむしろ病状が回復している証拠なのではと思われる人もいるかもしれませんが、一概にそうとは言い切れないものがあります。人によってはこの時期に鬱以上に周りの人間を振り回し、怒りっぽくなったり、一方的に気分が高揚して問題を起してしまうこともあるのです。

ストレスからくる症状とは

躁鬱病はある程度病状が進行して、症状が顕著に現れるようになってから周りが気が付くというケースが多くなります。そのため、治療には周りの人間のサポート等が必須となってきます。ただこの場合、躁状態と鬱状態、両者を行き来することで周りの人間は振り回されることになるので、変にその症状に引き込まれないようにすることも大切です。家族や周辺の人間がこうした症状をひきおこしたことをきっかけに、自分自身を追い込み精神的な病を発症してしまうというケースも決して少なくないのです。その負担を一人では抱え込まず、医療機関やカウンセリング施設を活用していくこと、必要であれば会社や医療現場のスタッフの力を借りること、これが大切になってきます。躁鬱病はその根本をたどると、多大なストレス、そして周りの環境が問題となっているケースがほとんどです。本来なら症状が起こる前にその問題点を改善するのが一番なのですが、それが出来なかった場合でも、少しでも精神的ストレスが少ない環境を設けることができるのか、これが大切です。人によっては職場を変えたり、引っ越しをする必要もあるでしょう。多少の負担はかかりますが、それで症状の改善が見込めるのであれば決して無駄ではないことのはずです。

Copyright©2015 躁鬱病を改善する方法~精神疾患の説明書~ All Rights Reserved.